浦和フィルハーモニー管弦楽団

Sss5 urawa

楽団紹介

浦和フィルハーモニー管弦楽団は、指揮者・音楽監督である佐藤寿一氏らの呼びかけにより、1986年に創設されたアマチュアオーケストラです。

http://www.urawaphil.com

指揮者・奏者

Juichi3
佐藤 寿一

仙台市生まれ。埼玉大学教養学部卒業。。指揮を小松一彦、高階正光、前田幸市郎の各氏に師事。これまでに、山形交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などを指揮するほか、ハンガリーの国際バルトークフェスティバルにおいてサヴァリア交響楽団を、また日韓国民交流年記念事業として韓国ソウルのカンナム交響楽団を指揮し、高い評価を受けた。

2013年5月には、ニューヨーク・カーネギーホールで『第九』その他を指揮し、障害者を含む日本からの合唱団と現地の合唱団・オーケストラが一体になった演奏は、満席の聴衆総立ちのスタンディングオベイションという熱狂を巻き起こす成功をおさめた。

浦和フィルハーモニー管弦楽団においては、1986年の創立以来、音楽監督としてともに活動を展開しており、世界的にも演奏頻度の低いスクリャービンの交響曲第1番『芸術賛歌』や、2001年から2005年まで行われた彩の国シューベルト・シリーズ(シューベルトの交響曲全曲演奏プロジェクト/埼玉県芸術文化振興財団=諸井誠芸術総監督(当時)=制作)の指揮、浦和フィル創立20周年記念公演『カルメン』の指揮・台本・演出などが好評を得ている。1998年から2004年まで山形交響楽団指揮者を務めた。

演奏会情報

日時・会場演目・指揮者・奏者
第60回記念定期演奏会
2016年05月22日(Sun)
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
ほか
指揮 佐藤 寿一

団員募集

ヴァイオリン、ビオラ、コントラバス、ファゴット、ホルン。

他の楽器についてはお問い合わせ下さい。楽器経験のある方を募集しています。